同期に会いました。

俺「都内の駅、大統領が来るから幾つかゴミ箱の投入口封鎖されてるらしいな」

同期「あ、そうそう!あれさー、不便だけど仕方ないよなー。開けっぱなしにしてると大統領が見境なく入りこむもんな」

_人人人人_
> 初耳 <
 ̄YYYY ̄

「この葡萄は酸っぱい」という人が居る。投げ捨てるがよい。
「道に茨がある」なら避けて歩むがよい。
それができるのだから、それをするだけで足りる。「なんでこんなものが世の中にあるんだ」という意見を付け加えないことだ。

と、『自省録』でマルクス・アウレリウス陛下がお書きになってたし

「少子化社会」は子どもから見ると「多大化社会」、大人多すぎ。子どもに対して大人が多すぎると、子どもは大人の管理下におかれやすくなる。という話をプレーパークの天野さんから聞いてなるほどと思いました。大人の管理下に置かれすぎた子は大人の価値観で物事をみるようになってしまう。
otsune
なお、たとえば「こんな悪趣味で狭量なパロディには共感しない」という評論と、「それでも、お前の表現の自由は死守する」ということは、完全に両立する。というより、前者なき表現の自由は危うい。